メニュー

スギ花粉症・ダニアレルギーの舌下免疫療法

舌下免疫療法とは?

アレルギーの原因となるアレルゲンを含む薬を継続して服用していきます。
体をアレルゲンに慣らすことによって、アレルギー症状を緩和していく治療です。
そのため、治療には3年から5年かかります。

期待できる効果

長期間(3年以上を推奨)正しく治療を行った場合は、アレルギー症状が出なくなる、症状が和らぐなどの効果が期待できます。症状が和らぐことで普段使用するアレルギー治療薬を減らすことも可能になります。

治療を受けた方のうち約2割の方はアレルギー症状が出なくなり、約6割の方は症状が軽くなるなどの効果がみられますが、残念ながら効果が感じられない方もいます。

治療期間

最低3年間の治療が必要です。通院は月に1回必要です。

*当院では初回投与以降はオンライン診療をご利用頂けます。

スケジュール

検査、診断します。
初回投与は院内で行います。投与後30分間は院内にいて頂きます。
毎日1回、自宅で服用します。1ヶ月に1回通院が必要です。

心配される副作用

口の中のかゆみ、腫れ、のどのかゆみ、耳のかゆみ、頭痛など。
アナフィラキシーなどの重大な副作用が起きた場合に備え、初回投与はクリニックで行い状態を観察します。

*アナフィラキシーとは?

医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然の蒼白、意識の混濁などのショック症状が現れることをいいます。

舌下療法を受けられない方、注意が必要な方

  • 5歳未満の方、65歳以上の方
  • スギ花粉症、ダニアレルギーではない方
  • 重い気管支喘息の方
  • 以前舌下免疫療法の投与でショックを起こしたことのある方
  • 妊娠・授乳中の方
  • 悪性腫瘍や、免疫系の病気がある方
  • ステロイドや抗がん剤、β阻害薬など特定の薬を使用している方
  • 重症の心臓疾患、肺疾患および高血圧の方
  • 病因アレルゲン以外のアレルゲンに対しても反応性の高い方

免疫療法の開始時期

A) スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉が飛んでいる時期には治療を開始できません。そのため、6月から12月までの間に治療を開始する必要があります。

B) ダニアレルギーの舌下免疫療法

いつでも開始することができます。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME