メニュー

小児特有の耳鼻科疾患

child_img01小児特有とされる耳鼻咽喉科領域の疾患を中心に、お子様の成長も考慮した診察・治療をいたします。症状を訴えることはないが、しきりと手で耳を触る、子どもの耳垢をとってあげたいといった場合などもお気軽にご相談ください。

お子様にこのような症状が見られたらご相談ください

  • 音量を大きくしてテレビを観る
  • 聞き返しが多い、返事をしない
  • いつも鼻が詰まっている
  • よく鼻水が出ている
  • 鼻風邪を引きやすい
  • 口をポカンと開けていることが多い
  • よくのどを痛がり、発熱する など

小児特有の主な耳鼻科疾患

中耳炎
中耳炎とは?

中耳炎とは、中耳腔(鼓膜の奥にある空間)に感染が生じ、炎症が起きている状態を指します。お子様がよく起こす中耳炎は、急性中耳炎と滲出性中耳炎です。

急性中耳炎

急性中耳炎とは、中耳(鼓膜の内側)に、鼻の奥にある耳管(じかん)を通って細菌やウイルスが侵入することにより感染を引き起こすことにより起こります。
耳痛、耳閉感などの症状を引き起こし、鼓膜が破れ膿は出ると耳漏(耳だれ)となります。
幼小児に時期にかかりやすく、激しい耳の痛み、発熱、耳漏、耳のつまった感じで気が付くことが多く、耳にしきりに手をやることもあります。成長して抵抗力がつくと罹患しにくくなることが多いのですが、慢性化して滲出性中耳炎(中耳に液体がたまった状態)のまま長期間治らないこともあるため、治しきることが大切です。
治療は急性中耳炎はガイドラインに準拠し重症度に応じ対応します。軽症の場合は、抗菌薬なしでの加療で十分なことが多いです。中等症以上の場合は抗菌薬(抗生物質)を用いて治療します。当院では抗菌薬は必要時のみに処方するよう今後ともつとめてまいります。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎とは、鼓膜の奥の中耳という場所に滲出液という液体がたまる病気です。
痛みがないため気がつきにくいことが多い疾患ですが、小児の難聴の原因としては最も多いもので、慢性化すると難治性になることがあり注意が必要です。治療には根気が必要です。自宅とクリニックでの鼻の処置や吸引、飲み薬などでの治療が一般的ですが、難治の場合は鼓膜チューブを入れる手術が必要になります。

お子様のいびき、口呼吸、無呼吸

口呼吸・いびきをかくお子さんはある一定数います。風邪などの時の一時的なものは、短期間で治るものが多いですが、長く続く場合は要注意です。口呼吸・いびきが長く続く場合は小児睡眠呼吸障害である事があります。原因としては副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など鼻に問題がある場合、鼻の奥にあるアデノイド・扁桃腺が大きい場合があります。子供の睡眠呼吸障害が長期にわたり持続すると、学業不振や、認知・行動の面の問題、また顎顔面形態の成長へ影響するリスクがあります。

まずは原因の診断が大事です。扁桃は口を開ければすぐ見えますが、アデノイドは鼻の一番奥にある組織なので、鼻から内視鏡を入れたり、レントゲンを撮ったりしてその程度を確認します。症状の重症度を見極め、総合的に判断し、お薬での治療、手術治療を選択していきます。

アデノイド増殖症

アデノイドとは、鼻の奥にあるリンパ組織です。鼻の奥にあるため口を開けても見えません が、のどの奥にある“扁桃腺”と呼ばれるものと同様の働き(鼻や口から入ってくる細菌やウイルスを捕まえる働き)をします。3~5才前後に最も大きくなり、それ以降は徐々に縮小します。このアデノイドが、鼻からの呼吸を妨げるほど大きくなった状態を「アデノイド増殖症」といいます。

症状

鼻からの呼吸がしにくいため口呼吸となります。アデノイド増殖の程度が重度の場合、睡眠中の呼吸障害(いびきや無呼吸)あるいは睡眠障害(熟睡できない、集中力の低下)などの症状がみられる事があります。

治療

症状がひどい場合、腫れている組織を切除する手術を行う場合があります。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME