メニュー

補聴器外来

補聴器とは

dizzy_img01耳の遠い方が、裸耳(そのまま)の状態では聞くことが難しいとされる音を増幅して聞こえるようにする補助医療器のことを補聴器と言います。補聴器は簡単に言うと小型の拡声器であり、音をマイクロホンで電気信号に変えた後に増幅器で増幅し、それが強大な音となってイヤホンで再生するという装置になります。

目的は言葉の聞きとり状況の改善

耳の遠い方が、「家族や友人との会話」「仕事でのコミュニケーション」「テレビや映画を楽しむ」など、生活のさまざまな場面における言葉の聞きとり状況を改善するために、補聴器は利用されます。

なお補聴器を使用する場合は、日常の聞こえ方について改めて思い返し、まずはご自身の聴力の状態を正確に認識することが大切です。

特徴を理解して最適なタイプを選びましょう

hearing_img01補聴器には、様々な種類があります。主なタイプとして「耳穴型」「耳掛け型」「ポケット型」「骨伝導型」など見た目の形が違うものがあれば、価格、搭載されている機能などで違いが出てくることもあります。それぞれの特徴をよく理解して、自分の聴力や聞こえの状態、形状や付け心地の好み、予算等に合わせて、最適な補聴器を選ぶようにしましょう。

なお、補聴器を装着することで、以前と全く同じように聞こえるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。しかし、今までなら聞きとれなかった、あるいは聞こえなかった音が聞こえるようになることで、日々の生活における様々な不便が解消されるようになり、より快適な暮らしが実現できるようになると思われます。

補聴器外来のお知らせ

hearing_img02補聴器外来とは補聴器を購入するための外来ではなく、補聴器が本当に必要かどうかを確かめる、購入した補聴器がきちんと聞こえているのか、耳に合っているのか、購入後の確認や調整などのアフターケアを行ったりするための専門外来です。補聴器が必要かどうか迷っている方、すでに補聴器を購入したもののうまく使えない方も気軽にご相談ください。

補聴器外来の流れ

STEP1:診察・検査(予約不要)

耳鼻科的診察・聴力検査を行い、治療が必要な病気がないかを診察します。補聴器が必要と思われる方にはその旨お話いたします。
補聴器についての相談や補聴器の試聴をご希望の場合は補聴器相談外来の予約をします。

STEP2:補聴器相談(予約制)

補聴器に関する相談や説明、試聴を行います。

STEP3:補聴器の作成・調整(予約制)

補聴器器種の選定や調整を行っていきます。本人の意向と、生活環境にて装用効果があるようでしたら、補聴器を作成いたします。

STEP4:アフターケア(予約制)

定期点検・聴力検査を実施し、患者さん一人一人の状況に合わせて調節を行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME